Hatena::Groupauautech

auau.note (cod.note@auautech)

2009-11-22

Mac mini(Tiger)にBootcampを使わずにWin7(RC)/Ubuntu/Macのトリプルブートにしてみた

| 20:25

キーワード: Tiger,10.4,Mac,Ubuntu,Windows 7,Triple boot

必要なモノ

  • Mac (今回はBootcampが入っていないTigerで試した。10.4.11)
  • rEFIt
  • Ubuntu (9.10を使用)
  • Windows 7 RC (正規版でもいけるとおもう。XPではうまくいかなさそう・・・Vistaならたぶんいける。)

流れ

  1. Macのパーティショニング(ここでは初期化した)
  2. Tigerクリーンインストール
  3. rEFItの導入
  4. Ubuntuの導入(失敗編)
  5. Windows 7の導入(成功)
  6. Ubuntuの導入再挑戦(成功)

尚、Macのパーティショニングは適当にやった

ポイントは

クリーンインストールは必須かと思う。

Ubuntuだけインストールしたい!な人

Tigerだけでインストールするのは無理臭い気がする・・・。

ためしてないけど、ブートローダーのインストール先を変更しなければいいと思うよ!

rEFIt導入

Ubuntu導入(失敗)

Windows 7 RC 導入(成功)

Ubuntu導入再挑戦(成功)

ブートローダ関連を修正

  • XPの旗でもUbuntuでもGRUBが起動して、defaultがubuntuだからWin7を起動するのが面倒臭い
  • 解決する方法はwin7のDVDを利用してブートローダを標準にもどすこと
  • win7のDVDで起動して、今すぐインストールの近くにある復旧みたいなのを選ぶ
  • 適当になんかシステムとかなんとか聞かれたら、システムイメージを選択を押す
  • ねぇよと言われるから、ダイアログを閉じてウィザードのキャンセルを押す
  • コマンドプロンプトを選んで起動
  • bootrec /FixMbr
  • 一瞬で終わるけどこれでブートローダの修復は完了したので、プロンプト閉じてシャットダウンする
  • rEFItに戻り、XPの旗をクリック
  • Win7が直に起動する
  • 終了して、Foreign OSを選ぶ
  • GRUBが起動する
  • ブートローダも問題ない
  • あとは自由に弄りましょう

その他

自己責任で。

PrameshPramesh2012/03/28 06:01This is just the perfect anwser for all forum members

2009-11-19

外部からVPNで自宅LANへアクセス @ Ubuntu server 9.10

| 16:37

たぶん9.04でもDesktop版でもいけるハズ!

概要

UbuntuにPPTPd入れて外部からアクセスするテスト

キーワード: PPTP,VPN,Ubuntu,自己満足

推奨環境(というか実践した環境)

OSUbuntu server 9.10 (9.04でもたぶん大丈夫)
その他IP固定

インストール

sudo apt-get install pptpd

設定

/etc/pptpd.conf
option /etc/ppp/pptpd-options

の下に

localip 192.168.1.xx # Server IP address
remoteip 192.168.1.aa-bb # PPTP Client IP addresses

を追加する。

localipは鯖のアドレス、remoteipはクライアントに付与するIPアドレス。どちらもローカルで可

/etc/ppp/chap-secrets
ユーザ名 サーバ名 パスワード *

を書いて保存

/etc/ppp/pppd-options
name 上で指定したサーバ名
refuse-pap
refuse-chap
refuse-mschap
require-mschap-v2
require-mppe-128

を書いて保存

/etc/sysctl.conf
net.ipv4.ipforward=1

ファイアウォール

ufw(Ubuntuの簡単ファイアウォール)に設定を追加

sudo ufw allow 1723/tcp

起動

sudo /etc/init.d/pptpd restart

クライアント設定

省略

接続

省略

その他

自己責任

ローカルから自分のドメインを用いてサーバーにアクセスする (DNSサーバ)

| 17:53

キーワード: Bind9,DNS,Webmin,自己満足

推奨環境(というか実践した環境)

OSUbuntu server 9.10 (9.04でもたぶん大丈夫)
その他IP固定

流れ

  • DDNSなどを用いて自宅サーバーを運営している人はたくさんいるはず
  • でも内部から自分のドメインを使ってアクセスできない・・・
  • hostsファイルに書き込んで!!!という人も結構いるはずです

問題点

  • Macbookなど持ち運びする感じの人はhostsファイルに書き込むとアクセスできない
  • 別のドメインを追加したりするときに複数のPCに設定するの面倒臭い
  • 一度設定すればよくしたい

解決

インストール

sudo apt-get install bind9

(Ubuntuで)

設定

後々いろいろ設定することも考えて今回はWebminでやります

以下うろ覚え

Webminでbind9の設定に入る

省略

マスターゾーンを作成(正引き)
  • 「新規のマスターゾーンを作成」をクリック
  • ドメイン名みたいなところに自分のドメインを入れる(例:example.com
  • メルアドも入れる。@は.にするらしい
  • 「作成」をクリック
  • 画面が切り替わったらなにもいじらず「ゾーンリストに戻る」をクリック
マスターゾーンを作成(逆引き)
  • 「新規のマスターゾーンを作成」をクリック
  • ゾーンの種類を逆引きに変更
  • ドメイン名みたいなところにはローカルIPを入力。最後の部分は入力しない(例:192.168.1)
  • メルアドも入れる。@は.にするらしい
  • 「作成」をクリック
  • 画面が切り替わったらなにもいじらず「ゾーンリストに戻る」をクリック
正引きと逆引きを登録
  • ゾーンリストからさっきの自分のドメインをクリック
  • アドレスをクリック
  • レコード名にドメインを入れる。最後にピリオド(例:example.com
  • アドレスにはIPアドレスを入れる。
  • 逆引きを更新するを「はい」にする
  • 「作成」をクリック
  • たぶん逆引きも自動登録されてるはず
  • たとえば他のマシンとかもhogehoge.example.comみたいにして設定してもいいかも

起動

sudo /etc/init.d/bind9 start

もし既に起動してたらrestartとかで

ファイアウォール(ufw)

Ubuntuなのでufwファイアウォール調整します

sudo ufw allow Bind9

クライアントに設定

省略。Macとかに設定してください。

自分はだいたい鯖落としてるからルーターDNSセカンダリ的にしてる

確認

nslookup example.com

とかで確認。もちろんgoogleとかも確認してアクセスできるか確認。

その他

自己責任で。