Hatena::Groupauautech

auau.note (cod.note@auautech)

 | 

2009-11-19

ローカルから自分のドメインを用いてサーバーにアクセスする (DNSサーバ)

| 17:53

キーワード: Bind9,DNS,Webmin,自己満足

推奨環境(というか実践した環境)

OSUbuntu server 9.10 (9.04でもたぶん大丈夫)
その他IP固定

流れ

  • DDNSなどを用いて自宅サーバーを運営している人はたくさんいるはず
  • でも内部から自分のドメインを使ってアクセスできない・・・
  • hostsファイルに書き込んで!!!という人も結構いるはずです

問題点

  • Macbookなど持ち運びする感じの人はhostsファイルに書き込むとアクセスできない
  • 別のドメインを追加したりするときに複数のPCに設定するの面倒臭い
  • 一度設定すればよくしたい

解決

インストール

sudo apt-get install bind9

(Ubuntuで)

設定

後々いろいろ設定することも考えて今回はWebminでやります

以下うろ覚え

Webminでbind9の設定に入る

省略

マスターゾーンを作成(正引き)
  • 「新規のマスターゾーンを作成」をクリック
  • ドメイン名みたいなところに自分のドメインを入れる(例:example.com
  • メルアドも入れる。@は.にするらしい
  • 「作成」をクリック
  • 画面が切り替わったらなにもいじらず「ゾーンリストに戻る」をクリック
マスターゾーンを作成(逆引き)
  • 「新規のマスターゾーンを作成」をクリック
  • ゾーンの種類を逆引きに変更
  • ドメイン名みたいなところにはローカルIPを入力。最後の部分は入力しない(例:192.168.1)
  • メルアドも入れる。@は.にするらしい
  • 「作成」をクリック
  • 画面が切り替わったらなにもいじらず「ゾーンリストに戻る」をクリック
正引きと逆引きを登録
  • ゾーンリストからさっきの自分のドメインをクリック
  • アドレスをクリック
  • レコード名にドメインを入れる。最後にピリオド(例:example.com
  • アドレスにはIPアドレスを入れる。
  • 逆引きを更新するを「はい」にする
  • 「作成」をクリック
  • たぶん逆引きも自動登録されてるはず
  • たとえば他のマシンとかもhogehoge.example.comみたいにして設定してもいいかも

起動

sudo /etc/init.d/bind9 start

もし既に起動してたらrestartとかで

ファイアウォール(ufw)

Ubuntuなのでufwファイアウォール調整します

sudo ufw allow Bind9

クライアントに設定

省略。Macとかに設定してください。

自分はだいたい鯖落としてるからルーターDNSセカンダリ的にしてる

確認

nslookup example.com

とかで確認。もちろんgoogleとかも確認してアクセスできるか確認。

その他

自己責任で。

 |